2010年07月27日

選手・監督の服装について

中学生県大会の要項を数件見て、試合もいくつか見に行きました。
選手・監督の服装について、いくつか疑問に思ったことがあり投稿します。

『上着は襟付き半袖で監督は選手に準じる』としていながら、ベンチの監督・コーチはTシャツの方が多くいました。
ソックスについてもアンクルソックスは認めないようなニュアンスの要項がありますが、実際はアンクルソックスの選手・監督・コーチを随分見ました。
ハイネックアンダーシャツの禁止を明記しているところが多くありましたが、何故なのかと思いました。
アンダーシャツを着ている選手を数人見ましたが、Vネックでないものが多く、ポロシャツの胸からアンダーシャツが見えていることが多かったです。どれがハイネックなのか基準があいまいだと思いました。

長年ソフトテニスから離れていたので、最近の基準が良くわからないので教えてください。

古川さんより投稿
posted by 管理者 at 20:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
服装については私も以前から思っていたことがあります。

古川さんの質問の中にあった監督がTシャツというのは、選手の服装に準じるという意味ではNGだと思います。ベンチに入らないのならOKでも、ベンチに入るのなら襟付きシャツでなければならないと思います。アンクルソックスは個人的には好きではありませんがOKだと思います。アンダーシャツもOKだと思うのですが、ハイネックはNGとしている要項は確かに結構あります。ハイネックをNGとするのなら、誤解の無いようにポロシャツの胸から出るアンダーシャツは全てNGにした方が良いと思っています。

これらとは別に私は着こなしの点で、シャツのボタンを全く掛けない選手は問題だと思っていました。また、蛍光色のシャツをNGとする要項を時々目にしますが、真っ赤が良くて蛍光色がダメな理由が良くわかりません。最近、校名や名前が刺繍されたりプリントされたりしている物をNGとする要項を見ましたが、これも何故なのか分かりませんでした。

違反した場合の罰則が明確でないので、選手や監督は甘えている部分があるかもしれません。連盟は今以上に服装についての基準を明確にして、理由や罰則についても示す必要があるかもしれませんね。
Posted by 平 at 2010年07月28日 22:00
蛍光色を禁じるのであれば、全ての蛍光色を禁じるべきであると思います。オーバーグリップ、ラケット、シューズに至るまで。
メーカーは連盟の審査を受けて、更に公認料を払って各アイテムを発売しています。使えない大会があるとすれば不本意なはず。(実際はその公認料も広く薄く、我々が負担しているものでは無いでしょうか。)
たとえば、私は、野球でピッチャーをしたとき、白いリストバンドをして登板しようとしましたが、ボールと誤認する可能性があるので、外して下さいとされました。これは、あきらかに理由が納得できました。当然、外して投げました。
ソフトテニスにおいて、あらゆる蛍光色がすべて、プレーを妨げるような納得できる理由があるのであれば、規制すべきだと思いますが、そうでないのであれば規制はしないほうがいいと思います。
Posted by ソフトテニス初心者A at 2010年07月29日 12:30
私の子供も蛍光色のウェアーを着ていたのですが、県大会からから禁止と聞き買い替えたのですが県大会会場に行くと同じ蛍光色のウェアーを着ている生徒が試合をしているではありませんか。誰が判断するのでしょうか?
Posted by 栄 at 2010年07月30日 13:38
違反の判断をする最終責任者としてレフェリーがいて、『レフェリーは主催者の大会要項に示した参加条件に違反していることを発見した場合は、競技責任者と協議し、該当するプレーヤーの失格を宣告する』とルールハンドブックにありますが、中学の大会などでは気心の知れた先生同士が審判団のメンバーで、自分の学校の選手の様子をみながらなので、これを厳格に適用することはよほどのことがなければ難しいようです。そもそも、わざわざ発見するために動いていないし、アピールがあってから検討することが多いと思います。

平さんのコメントにもあるように、ルールや要項の基準があいまいなのだとも思います。例えば、“蛍光色”はダメといっても、オレンジ・イエロー・ピンクも良しとする大会はありますし、ダメとする大会もあるということです。“華美”という表現もあいまいだと思っています。

さらに、そういったことを気にしていない指導者が多いという現実もあると思います。それは、とりもなおさず、大会でルールや要項が厳格に運用されていないからです。

最近、大相撲などで話題になっている第三者機関ほど大げさでなくても、そういった部分の統一した基準を理解した公認審判員の方がレフェリーでないと公平にならず、問題になることが出てくることがあるかもしれないと危惧しています。
Posted by sasaki at 2010年07月31日 15:37
中体連主催の大会のみ規制が厳しすぎるのではないでしょうか。
ハイネックのアンダーウェアやスニーカーインソックスが駄目で、ゲームシャツをパンツの中に入れないと駄目など小学生時代はOKだったものが規制されるのは理由がわかりません。
レディースのシャツをパンツの中に入れるのはどうかと思います。スニーカーインソックスが駄目な理由は足首の保護などと聞いたことがありますが、本当に保護する効果があるのでしょうか。アンダーウェアも丸首なら良しではなぜ規制しているのかわかりません。
どなたか説明できる方がいらしたら、教えていただきたいと思います。
Posted by xyst at 2010年07月31日 19:50
 中体連の全国大会の服装規定は「上は襟付き半袖スポーツシャツ、下は膝より上のパンツ・スコートを着用すること。ただし、服装(用具を含めて)の色は華美にならないようにする。……」となっています。これは、いわゆるメーカーで販売しているウェアーでなくてもいいということです。その理由として、経済的な理由があると言うことを聞きました。
 ちなみに監督はベンチ入りおよび開会式・閉会式・表彰式の時は、襟付き半袖スポーツシャツを着用するとなっています。これも全国大会はこうなっていますが、ブロック大会や県大会等では違う場合があります。私のブロックではスポーツウェアとなっています。
 アンダーウェアは上記の服装から出る着用は認めないとなっています。だから、ハイネックは駄目と言うことです。アンダーウェアが駄目ではありません。また、競技中は、シャツの裾を外へ出したり袖をまくることはしない。とあります。これはあくまでマナーと言うことだと理解しています。
 スニーカーインソックスが駄目という規定は全国大会の規定にはありません。ただ、大会によってはその大会要項で決めている場合があると思います。これは、私のブロックや県ではほとんど話にもなっていないことです。
 蛍光色という言葉も全国大会の規定にはありません。
 ただ、監督会議の資料の中に、これらの件にについて言及しているかも知れません。
Posted by 大津 at 2010年08月17日 20:30
メーカーへ課す公認費用を無料化することも、各家庭への経済的配慮になると思います。
Posted by ソフトテニス初心者B at 2010年08月18日 12:27
中学校の大会を応援していた者です。

スニーカーインソックスについては、ソックスを着用しているか否かが確認しづらいため

「審判がソックスの着用を確認する手間が試合の遅延に繋がる」というのが理由、だとある大会で聞きました

・・・とはいってもハンドブックの規定にはソックスの着用は義務付けられてはいないんですね、やはり中学校でしか適用していないルールみたいなものがあるんでしょうか・・・?
Posted by ES at 2010年08月18日 21:25
メーカーの公認は日連がしていることだと思います。だから、中体連としてはメーカーの製品でなくてもいいのです。
ただ、中学校だけちがうのもどうかと思いますが、以前に十年ほどブロック長として、全国中体連の会議に出ましたが、そこで感じたことは、同じ日本でもブロック(9あります)によってやっている事がちがうということです。いろいろ変えようとしても、なかなか難しかったです。
Posted by 大津 at 2010年08月18日 23:33
「中体連としてはメーカーの製品でなくてもいい」のですか?
大津様の地区では、手作りラケット、手作りウエア、非公認シューズでも認めて大会を行っているのでしょうか。

これは、とてもいいことだと思います。
安全性や規格をある程度判断して、使用を認めているとすれば、その手間大変でしょうが、いい動きだと思います。
Posted by ソフトテニス初心者B at 2010年08月19日 12:11
ルールハンドブックで定められていることは厳守するのが前提で、定められていない項目については中体連・高体連・各支部などで、それぞれに事情があって要項で定めたり、慣例になっていることがあるようです。

私は以前は白が当たり前だったシャツやパンツが既にカラーが一般的になっているし、機能性でアンダーシャツがタートルネックでも違和感はありません。首筋の日焼け予防効果を考えれば悪いことではないと思いますし、冬季は防寒対策で、半袖シャツの下に長袖や七分袖のアンダーシャツの方が、トレーナーやセーター着るより動きやすいとも思っています。(中学野球ではハイネックアンダーシャツはOKです。)

でも、野球のようにプロはロングタイプのパンツがOKでも高校野球や中学野球はNGのようにファッション性の部分では多少規制があっても仕方がないとも思います。

Posted by sanbon at 2010年08月20日 19:32
初心者Bさんへ

シューズの件は以前も話題になって、その時には初心者Bさんもコメントしていたようですが、要項でシュースやウエアは公認の物の使用を定めている大会もありますので、予選になる大会もそれに準じたものになることが多いです。要項に無いのであれば、いわゆるテニスシューズや襟付き半袖シャツであれば公認・非公認は問題にならないはずです。たとえば父母会で考えたオリジナルマーク入りシャツでプレーするチームがあったら楽しいと思います。

ただ、ほとんどのスポーツショップでは公認の商品を揃えているので、わざわざ違うものを探さない限り公認されていないシューズやウエアを手にすることはないはずです。たぶんソックスまで公認メーカーのものにこだわっている大会はないと思いますが、将来強くなって上位の大会へ行くことになれば公認のものを使用せざるを得なくなることが多くなります。最近の大会要項には『ユニフォームに特別な文言や記号を後から記入もしくは印刷し使用してはいけない』としていることがあるので、遠まわしに公認の物を用意してくださいとしているのかもしれません。

ただ、ラケットはルールブックに、『公認マークを貼付したラケットであること』という記載がありますので、そうでないラケットは使えません。
Posted by 佐々木 at 2010年08月20日 21:40
 中体連の大会(全国対の要項)ではウェアーについてはメーカの製品でなくてもいいように、前に書いたような文言になっています。シューズはテニスシューズとありますから、メーカーのものでなくてもいいわけです。もちろん、ソックスもメーカーのものでなくてもいいです。
 ラケットについては書いていませんので、ハンドブックどおりになります。
 実際にメーカー以外の手つくりウェアなどは無理でしょうから、メーカーの製品を使っていると思います。また、日連主催の大会は公認メーカーの製品となると思います。あくまで、中体連主催の大会(全中)で、ブロックや県、地区はそれを元にしていますが、全中とは違う場合があると思います。
 この辺が他と違って中体連はといわれる点でしょう。
Posted by 大津 at 2010年08月20日 22:22
ウェアの件でどうもおかしいと思うのはかつては標準となっていたいわゆる「ショートパンツ」ではなくハーフパンツばかりが普及していることです。公認ウェアに「ショートパンツ」がなくなってしまった場合、試合には公認ウェアたるハーフパンツ以外着用してはいけないことになるのでしょうか?
単純に「ハーフパンツ」は見栄えが悪いだけではなく動きづらいし、素材は別としてプレーする上でも機能的にとてもすぐれているとはいえないと思います。ショートパンツを着用して試合には出られないのでしょうか?
Posted by かつての選手 at 2013年09月28日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39850071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック